経営お役立ち情報

ビジネスマッチングステーション
( 2018.10.15)

▼概要
ビジネス・マッチング・ステーションは中小企業がインターネットを利用して取引先の開拓や販路拡大等を行うことをお手伝いする会員制のシステムです。
国の事業(経済産業省中小企業庁補助事業)なので無料で利用できます。

このような中小企業にお勧めです。
  ・仕事を発注したい
  ・パートナーを探したい
  ・仕事を受注したい
  ・新規取引先を開拓したい

▼詳細
「公益財団法人 全国中小企業振興機関協会」
詳しくはこちらへ

「価格交渉ノウハウ・ハンドブック」および「事例集」
( 2018.10.15)

▼概要
経済の好循環を実現するためには、下請等中小企業の取引条件を改善していくことが必要です。このため、中小企業庁と公正取引委員会では平成28年12月に下請法の「運用基準」、下請振興法の「振興基準」などの改正を行いました。
その内容を下請等中小企業の価格交渉力強化を支援するために作成した「価格交渉ノウハウ・ハンドブック」および「事例集」に反映させ、また、中小企業の方々からのご意見を反映させ、より分かりやすい資料にしました。
下記サイトの最下段に掲載してあります。

▼詳細
「公益財団法人 全国中小企業振興機関協会」
詳しくはこちらへ

ブランドと商標を巡る対策
( 2018.10.15)

▼概要
「ブランド」は製品やサービスまたはそれを提供する企業を認識するための名称や記号、デザイン、メッセージなどを指しますが消費者にとっては、価値ある製品やサービスに導いてくれるもの、企業にとっては製品固有の特徴を示して差別化や競争力をもたらす営業上の資源と位置付けられます。
そのブランドを守るため、また逆に他人の権利を侵害したと言われないために、ブランドにまつわる法律関係については注意を要します。

▼詳細
「日本政策金融公庫」(PDF)
詳しくはこちらへ


「知的財産権制度説明会」および「特許法等改正説明会」を全国で無料開催
( 2018.10.1)

▼概要
知的財産の業務に関わる実務者の方を対象に、知的財産権制度を円滑に利用していただくため、実務上必要な知識の習得を目的とした知的財産権制度の説明会を全国の主要都市で開催します。
また、不正競争防止法等の一部を改正する法律が成立したことに伴い、特許法等の改正も行われましたので、特許法等の改正に関する説明会も併せて開催します。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ

健康経営優良法人(中小規模法人部門)の申請受付が開始されました
( 2018.10.1)

▼概要
「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績や株価の向上につながると期待されています。

経済産業省では、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」すべく、「健康経営優良法人認定制度」の設計を行い、本制度を運営する日本健康会議において、「健康経営優良法人」を認定しています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

技術開発を支援するSBIR(中小企業技術革新制度)
( 2018.10.1)

▼概要
中小企業の新技術を利用した事業活動を支援するため、関係省庁が連携して、中小企業による研究開発とその成果の事業化を一貫して支援する制度です。
具体的には、中小企業の新たな事業活動につながる新技術に関する研究開発のための補助金・委託費等について、中小企業者への支出の機会の増大を図るとともに、その成果を利用した事業活動を行う場合に、特許料等の軽減や債務保証に関しての枠の拡大等の措置を講じています。
(Small Business Innovation Research)

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


中小企業活路開拓調査・実現化事業(補助金)4次公募
( 2018.9.15)

▼概要
「中小企業活路開拓調査・実現化事業」は、環境変化等に対応するため、単独では解決困難な諸テーマ(新たな活路開拓・付加価値の創造、既存事業分野の活力向上・新陳代謝、取引力の強化、情報化の促進、技術・技能の継承、海外展開戦略、各種リスク対策等)について、中小企業連携グループが改善・解決を目指すプロジェクトを支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

事業承継補助金(3次公募)
( 2018.9.15)

▼概要
平成29年度補正予算事業承継補助金「後継者承継支援型〜経営者交代タイプ〜」(3次公募)および、「事業再編・事業統合支援型」(2次公募)を行います。
「後継者承継支援型」は、事業承継(事業再編、事業統合を除く。)を契機として経営革新等や事業転換を行う中小企業者に対して、その新たな取組に要する経費の一部を補助します。
「事業再編・事業統合支援型」は、事業再編、事業統合を契機として経営革新等や事業転換を行う中小企業者に対して、その新たな取組に要する経費の一部を補助します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)3次公募
( 2018.9.15)

▼概要
本事業は、ITツール(ソフトウエア、ITサービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。
補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になりますので、申請書類作成での不安がある方でも大丈夫です。

▼詳細
「サービス等生産性向上IT導入支援事業」
詳しくはこちらへ


第31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」を募集中(賞金あり)
( 2018.9.1)

▼概要
りそな中小企業振興財団は、中小企業の技術の振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に毎年1回優秀な新技術・新製品の表彰を日刊工業新聞社と共催で実施しています。
「一般部門」、「ソフトウエア部門」の2部門において、厳正な審査のうえ優れた新技術・新製品等に対して中小企業庁長官賞、優秀賞、優良賞、奨励賞の各賞を贈賞し、副賞として最高100万円を贈呈しています。
受賞した各社からは、知名度が向上し、販売先の拡大や売上の増加、開発技術者のモラールアップに役立っているほか、他社・公的機関との連携・共同開発などにおいて、多面的な効果に結びついているという声が寄せられており、本賞の受賞が大きな波及効果をもたらしています。

▼詳細
「公益財団法人 りそな中小企業振興財団」
詳しくはこちらへ

ビジログ
( 2018.9.1)

▼概要
中小企業庁では、中小企業の従業員等を対象にした人材育成を支援するため、中小企業の人材育成プラットフォーム「ビジログ」を展開しています。
社会人の基礎力から、生産性向上術や人手不足解消術などの専門知識まで学べ、いつでも・どこでも学べる学習スタイルや学びの可視化により、効率的・効果的な学習を支援します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

小企業の経営指標 2017
( 2018.9.1)

▼概要
小企業は事業所数が多く、わが国経済の発展に大きな役割を果たしていますが、その経営実態を把握するためのデータは乏しいのが実情です。日本政策金融公庫では1965年以来、小企業の標準的な指標を作成し、中小企業関係者各位の参考に供するため、本調査を実施しています。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ


ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金 2次公募
( 2018.8.15)

▼概要
本補助金は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援することを目的とします。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

カメラ画像利活用ガイドブック
( 2018.8.15)

▼概要
IoT推進コンソーシアム、経済産業省及び総務省は、カメラ画像について、その特徴を踏まえた利活用の促進を図るため、特定空間(店舗等)に設置されたカメラでのリピート分析を行う際の配慮事項を整理した「カメラ画像利活用ガイドブック ve2.0」を策定しました。
リピート分析とは、特定空間(店舗等)に設置されたカメラで、目的に応じて定めた期間、特徴量データ(個人識別符号)を保持して、同一人物が来店した際にそれを識別し、単一店舗もしくは同一の事業主体が運営する複数店舗において、同一の来店客の来店履歴、来店時の店舗内動線、購買履歴、推定される属性(性別・年代等)等を一定の期間に渡り連結しつつ取得し、分析するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

AI・データの利用に関する契約ガイドライン
( 2018.8.15)

▼概要
経済産業省は、民間事業者等が、データの利用等に関する契約やAI技術を利用するソフトウェアの開発・利用に関する契約を締結する際の参考として、契約上の主な課題や論点、契約条項例、条項作成時の考慮要素等を整理した「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」を作成しました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


中堅・中小製造業のIoT活用事例
( 2018.8.1)

▼概要
ロボットイニシアティブ協議会(RRI)では、国際的にも注目されているIoT活用の先進的取り組みを募集し、中堅・中小製造業から40の事例が集まりました。
IoTの導入を検討する企業にとって参考となる、導入効果やメリット、目的に対して導入しやすいシステムなどをご紹介しています。

▼詳細
「ロボット革命イニシアティブ協議会」
詳しくはこちらへ

大人の武者修行
( 2018.8.1)

▼概要
「大人の武者修行」は、貴社の次代を担う経営人材を優良企業の職場に送り、一緒に汗をかきながら働くことを通じてサービスイノベーションの極意を学び取る、新しいタイプの社会人インターンシップです。
「武者修行者」が持ち帰る、優れた企業のDNAやサービスビジネスの極意が、貴社の風土を根本的に変えていきます。

▼詳細
「サービス産業生産性協議会」
詳しくはこちらへ

緊急事態に備える「事業継続計画」(BCP)
( 2018.8.1)

▼概要
「事業継続計画」(BCP)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合、その損害を最小限にとどめ、中核事業の継続あるいは早期復旧のために、平常時に行うべき活動や緊急時の対処、手段などを取り決めておく計画のことです。
(Business Continuity Plan)

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


「人手不足対応アドバイザー」を全国のよろず支援拠点に配置
( 2018.7.15)

▼概要
製造業、サービス業などあらゆる業種で人手不足感が強まっており、特に中小企業・小規模事業者においては、人手不足が経営の不安要素の上位にあげられる深刻な課題となっていることから、全国47都道府県に設置している、よろず支援拠点において、労務管理、業務見直し等による生産性向上、職場環境の改善などの相談に応じる相談員「人手不足対応アドバイザー」を配置しました。
また、特に専門分野ごとの人手不足対応に精通した相談員を「人手不足対応広域アドバイザー」として選定し、それぞれの地域では対応が困難な相談内容について、地域を越えてテレビ電話システムや出張を通じて対応にあたります。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

訪日外国人おもてなしマニュアルと簡単な会話集
( 2018.7.15)

▼概要
東京オリンピックも毎日のように話題になり、それに伴って訪日外国人も増えていますが、その行先は東京だけに留まらず全国に広がっています。小規模店舗にも外国人が立ち寄る可能性がありますから、簡単な応接ポイントを押さえておくことは大事です。
本マニュアルでは、外国人観光客の国別の特徴や宗教上食べられないものなど基本的な事柄を紹介しています。

▼詳細
「足利商工会議所」
詳しくはこちらへ

平成30年分の路線価図等の公開
( 2018.7.15)

▼概要
路線価とは 相続税や贈与税の計算をする時に使うものです。現預金や有価証券等の価値は分かりやすいですが、土地の時価を計算するのは大変です。そこで国は道路に路線価という価格をつけ、これに土地の面積を掛けて土地の相続の評価にしました。
このたび、平成30年分の路線価が公開されました。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


軽減税率対策補助金
( 2018.7.1)

▼概要
軽減税率対策補助金は消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

▼詳細
「軽減税率対策補助金事務局」
詳しくはこちらへ

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)2次募集
( 2018.7.1)

▼概要
本事業は、ITツール(ソフトウエア、ITサービス等)のサービスを導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることを目的としています。補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になりますので、申請書類作成での不安がある方でも大丈夫です。

▼詳細
「サービス等生産性向上IT導入支援事業」
詳しくはこちらへ

事業承継補助金(2次公募)
( 2018.7.1)

▼概要
中小企業庁では平成29年度補正予算「事業承継補助金(事業再編・事業統合支援型)および、(継者承継支援型〜経営者交代タイプ〜(2次公募))」の実施にあたり、事前予告を行います。
この事業は、「事業再編・事業統合支援型」は事業再編、事業統合を契機として経営革新等や事業転換を行う中小企業者に対して、その新たな取組に要する経費の一部を補助するものです。


▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

下請中小企業・自立化基盤構築事業(補助金)2次募集
( 2018.6.15)

▼概要
本事業は、2者以上の特定下請事業者が連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して新たな事業活動を行うことにより、特定親事業者以外の者との下請取引等を開始又は拡大し、当該特定下請事業者のそれぞれの事業活動において特定下請取引の依存の状態の改善を図る取組を支援することにより、下請中小企業の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業(補助金)2次募集
( 2018.6.15)

▼概要
本事業は、親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、又は閉鎖・縮小が予定されている影響により売上げが減少する下請小規模事業者等が、新分野の需要を開拓するために実施する事業の費用を一部補助することにより、取引先の多様化を図り、下請小規模事業者等の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

ものづくり白書(2018版)
( 2018.6.15)

▼概要
「ものづくり白書」は、「ものづくり基盤技術振興基本法」第8条に基づき、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策を取りまとめたものです。
この白書は、経済産業省、厚生労働省、文部科学省が連携して作成しています。

第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望
 第1節 我が国製造業の足下の状況
 第2節 人手不足が進む中での生産性向上の実現に向け、「現場力」を再構築する「経営力」の重要性
 第3節 価値創出に向けたConnected Industriesの推進
第2章 ものづくり人材の確保と育成
 第1節 労働生産性の向上に向けた人材育成の取組と課題
 第2節 人材育成に向けた取組
第3章 ものづくりの基盤を支える教育・研究開発
 第1節 Society 5.0の実現に向けた教育・ものづくり人材の育成
 第2節 ものづくり人材を育む教育・文化基盤の充実
 第3節 Society 5.0を実現するための研究開発の推進

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


平成30年度 発明研究奨励金
( 2018.6.1)

▼概要
益財団法人日本発明振興協会は、科学技術の振興、産業の発展に資する中小企業及び発明研究者の発明考案を奨励する目的をもって、発明研究奨励金を交付して、その発明考案の実施化を援助します。

▼詳細
「公益財団法人 日本発明振興協会」
詳しくはこちらへ

初心者向け「知的財産権制度説明会」 全国で開催
( 2018.6.1)

▼概要
知的財産権の基礎知識などについて、初心者にも分かりやすく説明する「知的財産権制度説明会(初心者向け)」を6月より全国で開催します。

▼詳細
「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」
詳しくはこちらへ

高度外国人材活躍企業50社
( 2018.6.1)

▼概要
高度外国人材が活躍することで得られるメリットを、
「事業の海外展開・新規顧客の獲得」
「外国人材目線での商品開発・サービス提供」
「新たなビジネスモデル構築」
「社員の意識変革」
の4つの目線で整理し、該当する事例を紹介しています。

また、国内外の大学を訪問してのネットワーク構築、インターンの積極的な受入れなどを通じた外国人材の採用、キャリアパスの明確化や社内研修の充実化等、採用後の定着に向けた多様な取り組みも紹介しています。


▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

事業承継税制が大きく変わっています
( 2018.5.15)

▼概要
事業承継税制は、後継者である受贈者・相続人等が、円滑化法の認定を受けている非上場会社の株式等を贈与又は相続等により取得した場合において、その非上場株式等に係る贈与税・相続税について、一定の要件のもと、その納税を猶予し、後継者の死亡等により、納税が猶予されている贈与税・相続税の納付が免除される制度です。
平成30年度税制改正では、この事業承継税制について、これまでの措置に加え、10年間の措置として、納税猶予の対象となる非上場株式等の制限(総株式数の3分の2まで)の撤廃や、納税猶予割合の引上げ(80%から100%)等がされた特例措置が創設されました。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ

「小売業の多言語対応」プラットフォームサイト
( 2018.5.15)

▼概要
2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会が発足し、外国人観光客の基本的ニーズである“交通”、“道路”、“観光・サービス(飲食・宿泊)”分野の多言語対応強化を進めてきました。
小売分野においても、外国人観光客の買い物消費額及び旅行消費額に占める割合がここ数年で拡大しており多言語対応の取組を官民連携して推進する必要があり同協議会の下で小売プロジェクトチームが発足しました。
当サイトは小売プロジェクトチームの活動だけでなく、業界全体の知見を集約したプラットフォームとして活用いただけます。

▼詳細
「多言語対応協議会小売プロジェクトチーム事務局」
詳しくはこちらへ

中小企業白書・小規模企業白書 2018年版
( 2018.5.15)

▼概要
第1部では、最近の中小企業の動向について、中小企業の経常利益は過去最高水準にあり、景況感も改善傾向であること等を示しました。また、中小企業の労働生産性や経営の在り方等について分析を行いました。
第2部では、人手不足の現状を分析した上で、中小企業の生産性向上に向けた取組について分析を行いました。具体的には、業務プロセスの見直し、人材活用面の工夫、IT利活用、設備投資、M&Aを中心とする事業再編・統合について取り上げています。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


事業承継補助金
( 2018.5.1)

▼概要
事業承継をきっかけとした、中小企業による経営革新や事業転換への挑戦を応援するため、平成29年度に引き続き「事業承継補助金」を実施します。
本補助金は、(1)地域経済に貢献する中小企業者等による、(2)事業承継(事業再編・事業統合を除く)をきっかけとした、(3)経営革新や事業転換などの新しい取組を支援する補助金です。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

無料! 節電診断・省エネ診断・講師派遣
( 2018.5.1)

▼概要
一般財団法人 省エネルギーセンターでは、中小企業の省エネや節電等に関する取組みを促すことを目的として、地域や業種などの特性や省エネ等に関する課題、ニーズに対して、皆さまの実情に合わせた支援を行うために3つの無料サービスを提供しています。
(1) 無料 省エネ診断
  電力や燃料・熱などの総合的な省エネ行動をサポートする診断サービスです。
(2) 無料 節電診断
  ビルや工場等のピーク電力削減など「節電行動をサポートする」診断サービスです。
(3) 無料 講師派遣
  省エネルギーや節電をテーマに含む「省エネ・節電説明会」に無料で講師を派遣するサービスです。

▼詳細
「一般財団法人 省エネルギーセンター」
詳しくはこちらへ

中小企業等特許情報分析活用支援事業
( 2018.5.1)

▼概要
中小企業等にとって費用負担が大きい特許情報分析を専門の調査会社がサポートします。

(1) 研究開発の方向性決定
中小企業等が研究開発の方向性を決めるため、過去の存在技術から、自社の技術レベルを把握するとともに、技術変化を予測し、今後開発すべき技術を探るための特許情報分析の提供。
(2) 無駄な研究、重複研究回避
中小企業等の研究開発への投資を無駄にしないため、他者の技術開発の動向を把握することで、重複研究の回避、他社からの技術導入及び共同研究の可能性検討を実現する特許情報分析の実施。
(3) 発明の手がかり発見を通じた新事業展開の可能性判断
他者未参入の技術分野、他社技術の代替となる技術の検討等、中小企業等が発明の手がかりを発見するために、従来の特許技術の分析。
▼詳細
「一般社団法人発明推進協会」
詳しくはこちらへ

お気軽にお問合せください